日本人の3人1人はEDって本当ですか?

日本人の3人に1人はEDという話は事実です。
そういった悩みを抱えている男性は非常に多く、様々な治療薬なども発売されています。
そんな日本人のEDの主な原因は生活習慣にあるといわれており、テレビなどでもよく取り上げられています。
食事や運動の習慣に気を遣い、禁煙をしている人が日本人の中には少ないことが原因で、メタボリックシンドロームだと診断されている人も多いことが基本的な要因です。

日本人の禁煙人口は年々減少傾向にあります。しかし、喫煙者も現在がピークであることも確かです。
さらに生活習慣病と診断される人口も増えており、これは日本人の日常生活の中での食事が脂肪分を多く含んだ食べ物に変化していることが原因として挙げられます。
このような食生活により、メタボリックシンドロームになる人が多く増えたこともデータを見れば明らかです。

技術の進歩により、様々な物が自動化されて便利になったことも原因の一つです。
近くに行くにも車を使う時代になり、自分の体を使う機会が少しずつ減っています。
それにより日本人の平均運動時間が大きく減り、このような事態を生んでいます。
このような生活スタイルの大きな変化により、人間の体にも少しずつ異常をきたすようになり、その一つがEDです。

日本人全体にこのような現象が起きているため、EDの人口が増え、今となっては3人に1人という割合にまでなったのです。
生活習慣を改めなければならないと大きく言われている昨今にも関わらず、食事や運動習慣は削られ、タバコの普及も留まるところを知らず、禁煙率もあまり上がらないためこのような状態になっています。

EDは男性にとって軽視していいものではなく、出来る限り早めに治してしまいたい症状です。
自分の体を大切にし、健康に生活をすることで、日本人の3人に1人がEDなどと言われないようにそれぞれが意識して、生活を変えていく事が大切です。
このようなことがEDの原因として挙げられるのです。

EDにならないための生活習慣について

EDは勃起不全と呼ぶ症状ですが、勃起不全と聞くと勃起状態にならないイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
勃起不全はまったく勃起しない状態だけはなく、勃起はするものの女性器への挿入をしようとした際に元の状態に戻るケース、挿入は出来てもすぐに元に戻るなど、性行為を不能な状態にする事を意味しています。
日本人男性はEDの症状を持つ人が多いと言われていますが、生活習慣や食生活の見直しが重要なポイントになって来ます。

一般的に、歳を取ると体力は低下する、精力についても衰えて来ると言われていますが、EDは年齢だけではなく、毎日の生活習慣により生じる可能性が高いと言われています。
喫煙はEDの症状を引き起こす原因の一つとも言われています。
これはタバコに含まれる物質が海綿体や陰茎の血管機能に異常を生じさせるためで、この機能が正常に働かなくなると勃起機能が低下するからです。
タバコの本数が多い男性ほどEDのリスクは高くなるなどからも禁煙を実施する事がED予防に最適です。

メタボリック症候群はいわゆる肥満体の事を意味しているわけですが、肥満もEDとの関連性が強いと言われています。
BMI値が高ければ高いほどリスクが上昇する、特にBMI値が30kg/m2以上の場合、23kg/m2未満の人の約1.7倍ものリスクが高くなると言います。

他にも、運動不足や油っこい食事をするなどもリスクを高めてしまいます。
まったく運動をしない人の発祥リスクは、週2時間以上のランニングをする人の約3倍などのデータもあるため、メタボリック症候群などの肥満や運動不足は注意しなければなりません。
食事もコレステロールが溜まりやすいものを中心にしていると肥満や高血圧などに繋がるので食生活の改善も重要なポイントと言えましょう。