持続時間が長いシアリスとジェネリックについて

シアリスシアリスは遅効性と持続性が大きな特徴です。
空腹時に服用すると3時間ほどかけてゆっくりと効果が現れます。
シアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤がありますが、一般的な病院でのED治療では主に10mgか20mgが使用されています。

持続時間は10mgが20時間から24時間で、20mgは30時間から36時間です。
20mgの錠剤は金曜日の夜に服用すれば日曜日の昼まで効果が続きます。
持続性が優れていることからウィークエンドピルとも呼ばれています。
ジェネリック医薬品であるメガリスやタダリスにも同じ有効成分が含まれるため、効果の現れ方と持続時間も同様です。

シアリスには有効成分としてタダラフィルが含まれています。
タダラフィルは分子構造がブロック状なため、体内でゆっくりと吸収されます。
他のED治療薬と比較すると効果が現れるまでに時間が必要ですが、持続時間が非常に長いという特徴があります。
病院で処方を受ける場合の1錠あたりの価格は、10mgが約1700円で20mgは約1800円です。
その他に診察料などが必要になります。
ED治療は自由診療なので費用が高額ですが、メガリスやタダリスのように安価なインド製のジェネリック医薬品も存在します。

メガリスやタダリスなどインド製のジェネリック医薬品は日本国内で未承認なので、使用するには個人輸入手続が必要です。
未承認の医薬品は個人使用目的であれば合法的に輸入できます。
インターネット上には個人輸入手続を代行する通販サイトが多数存在します。
個人輸入手続の代行も合法とされており、安全にジェネリック医薬品を購入できます。
インド製のジェネリック医薬品は価格が非常に安いのが特徴です。
またインド政府の承認を受けて製造されているので、安全性も高く人気があります。

シアリスは遅効性と長い持続時間が特徴です。
効果が緩やかに現れるため、めまいなどの副作用を発症しにくく体への負担が少なくて済みます。
ただし狭心症の治療などに使用される硝酸剤など併用禁忌薬が存在します。
また脳や心臓などに重度の障害がある場合は服用できません。
ジェネリック医薬品を個人輸入すれば費用を抑えることができますが、健康上の不安がある場合は医師に相談する必要があります。

シアリスとメガリスなどのジェネリックの価格に違い

第3のED治療薬として日本で認可されているシアリスですが、持続性は他と比較して段違いに長く、しかも副作用も大変少ない点やマイルドで自然な効き目など、使いやすさで選んでいる方も多いでしょう。
ただし、シアリス20mg錠1錠当たり2000円程度、決して安いとは言えない価格なのです。

同じ効果が得られて、それでいてお得に手に入るものをというならジェネリック医薬品であるメガリスやタダリスです。
いずれもインドで作られている薬であり、有効成分は同じくタダラフィルです。
同じ成分・同じ効果効能でありながら、新薬と違って研究開発費や宣伝販売費がかかっていない分、ジェネリックだととても安く手に入るのです。
1錠当たり20mgなら500円から700円程度、半額以下です。10mgにすれば1錠あたり500円以下となります。
これなら手軽に使用することができます。

メガリスやタダリスも、シアリスと同じように持続性もあり、ED治療に最適です。
ただし海外の品ですから個人輸入で手に入れなければなりません。
輸入手続きなど面倒なことは代行業者に任せて手軽に購入しましょう。
週末にゆっくりと楽しむために活用しましょう。

とはいえ、同じ成分となっている以上は同じく併用禁忌薬もあります。
3割程度と少ないものの副作用が起こる可能性もあります。
病院で処方される場合と違って医師による説明は無いため、自身できちんと調べてから用法容量を守って服用してください。
個人輸入の場合、偽薬が出回っていることも多いので代行業者は安さ以上に信頼性を重視して選ぶようにしましょう。
せっかく安く手に入れても、効果がなかったり副作用が強く出てしまうのであれば意味がありません。