即効性のあるレビトラとジェネリックについて

レビトラについて説明する女医レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、短時間で強力にペニスを勃起させる効果があります。
また食事の影響を受けにくく、服用前にエネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事を摂取できます。
空腹時に服用すると、約20分でペニスが勃起し始めます。
服用後約45分で血中濃度が最大となるため、性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。
レビトラには食事の影響を受けにくいという特徴がありますが、空腹時に服用するとより効果が高まります。
食後に服用する場合には、消化するまで2時間ほど待ちます。

ファーストフードなどを摂取すると、2時間経過しても消化されずに胃や腸に脂肪分が付着している場合があります。
脂肪分の多い食事を摂取した場合は6時間から7時間ほど間隔を空けます。
通常は水かぬるま湯で服用しますが、少量のアルコールで服用するとリラックスできるためレビトラの効果が高まります。
バルデナフィルは血管を拡張して血流を促進します。服用後は血管が開いて酩酊しやすくなるので、飲酒を控える必要があります。
レビトラを服用すると海綿体への血流が増えてペニスが勃起します。バリフやブリトラなどジェネリック医薬品も同様です。

レビトラのジェネリック医薬品は主にインドの製薬会社が製造・販売しています。
有効成分としてバルデナフィルが含まれているので効果や副作用などはレビトラと同じですが、価格が非常に安いのが特徴です。
バルデナフィルは即効性があり、服用後約20分で効果を実感できます。
一方副作用が比較的現れやすく、服用した患者の9割以上に軽いめまいや頭痛などが見られます。

バリフやブリトラなどインド製のジェネリック医薬品には、レビトラと同じ有効成分のバルデナフィルが含まれています。
即効性があり短時間で強力にペニスを勃起させることが可能です。
有効成分がレビトラと同じなので効果や副作用なども同じです。価格が非常に安く少ない費用でEDを治療できます。

レビトラとバリフなどのジェネリックの価格に違い

レビトラの最大の特徴は即効性が高いということです。
主なED治療薬の効果が現れるまでの時間より短い時間で効果が表てきます。
これはレビトラが水に溶けやすいということが主な要因です。

また他のED治療薬は服用時に空腹でなければ効果が出にくいというデメリットがあります。
レビトラの場合は700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事であれば摂取しても問題ないというメリットがあります。
またアルコールの摂取による影響も少ないようです。
ただ、効果が出てからの持続時間が5時間から6時間と多少、短くなっているということがありますが、1回の性交時間を考えれば、それほど問題ないと言えるでしょう。

気になるところはレビトラの価格ですが、一般的に一錠(20mg)あたりだいたい2,000円前後というのが一般的です。
効果が高いのは良いですが、金額が高いのがネックになってきます。
これを解消するにはレビトラのジェネリックを利用するのが得策です。
レビトラのジェネリックにはバリフなどがありますが、これを利用すると1錠あたりの価格を抑えることができます。
バリフなどのレビトラのジェネリックは日本国内では販売されていないため、個人輸入代行業者を利用することになります。

そこでの価格は大体、1錠あたり300円くらいになることが多いようです。
また、複数購入するとさらに安くなるので、1錠あたりの金額は安くなります。
他、これもレビトラのジェネリックのブリトラはもう少し安価で1錠あたりの金額は250円くらいです。
業者によって多少の値段の違いがあったり、あくまでも輸入になるので、その時の為替レートによって若干金額の変更はあります。
レビトラとの価格差を比較すると、ジェネリックを利用した方がかなりお得といえるでしょう。